RFID - IoT Solutions

感知して追跡する:よりスマートな在庫マネジメントとプロダクト・インサイト

サプライチェーンとリテールオペレーションには、オフラインのブラックホールが存在します。そのため、現場に誰かいない限り、実際何が起こっているのか把握できません。

 

商品をデジタル化(デジタイズ)することで、商品の“生きたデータ”をまるごと集めることができます。それは、内蔵のRFIDタグ、温度センサー、湿度センサーから生成されるデータで、どこにあって、何が起こっているかといった、商品に関する現在の状況がわかります。

 

サプライチェーンの効率化
どのようにして商品が製造から店舗へ流通するか、新しい種類のサプライチェーン・データを使って、強みと弱みを把握しましょう。そうすることで、障害となる要因や無駄を取り除くことができます。

 

より詳細な情報でコンディションをコントロール
商品やパッケージを温度、湿度、衝撃をモニターするセンサーに変えましょう。無駄を削減し、よりよいパフォーマンスを実現できます。

 

店舗内での販売方法を最適化
実際の在庫状況に基づき、迅速な販売方法やプロモーションの決定を行いましょう。タイムリーな対応が販売を拡大します。

 

よりスマートな在庫マネジメントでより素早く対応する
一つひとつ数えることなく、在庫数が瞬時に把握できれば、すぐに補充することができます。そうすることで棚は決してカラになりません。

 

販売後もお客さまとのつながりを保ち続ける
エンドユーザーのために設計された商品が、販売後、どのようにお客さまとつながっているか見てみましょう。