リテール

リテール

すべての商品を“賢く”することで、次世代のリテールを牽引

リテール産業は大きな転換点を迎えています。それは、多くのリテーラーが、モバイル、クラウド・ベース・サービス、ワイヤレス・インストア・テクノロジー、そしてRFIDを活用し、差別化されたカスタマー・エクスペリエンスと完全に統合されたオムニチャンネルを提供し、売り上げ総利益を高めようとしているからです。

 

中でもキー・テクノロジーとなるのは、ほぼすべての商品をアイテムレベルで可視化できるRFIDです。可視化することで、工場から店頭までの資産追跡と在庫管理、店舗の最適化、セルフレジ、紛失の防止、返品管理、スマートミラー付き試着室、ロケーションベースのサービス、モバイルショッピングとプロモーションなどからなる全体のパフォーマンスが向上します。そのような意味で、RFIDの可視性は、ショッパー・エクスペリエンスを高めるために導入される新しいプロセスやアプリケーションのベースと言えるでしょう。

 

 

利益を守りオムニチャンネルを実現するための在庫精度s

可視性に加え、高いレベルの正確性もRFIDの大きな特徴です。修正の頻度にもよりますが、バーコードによる在庫管理の正確さは、通常60%から70%。RFIDを使えば、リアルタイムで98%以上になります。これにより、在庫切れ以外に起因する利益の損失を最小限に抑えることを可能にし、さらには、在庫をオンラインで正確に把握できることから、オムニチャンネルへのシナリオも鮮明に描けるようになります。

 

商品ロスの防止

英国の小売市場調査機関「センター・フォー・リテールリサーチ」によると、リテールにおける商品ロスによる財務上の損失は、世界的に見ても年間平均で販売の1.5%、トータルで1兆米ドルに上ります。主要な原因は、大きなものから、万引き、次に社員による窃盗、そして、値段の付け間違い、請求書の発行ミス、その他総務的な間違いといった内部的な過失が続きます。工場から店舗のレジまで、RFIDによってアイテムレベルで追跡できれば、商品ロスの原因が明らかになり、収益の縮小を大幅に抑えることができるようになります。

 

「顧客を個別に知る」「顧客に価値を与える」ために

オンラインストアが大きく成長して以来、リテーラーにとって、「顧客の一人ひとりのニーズを理解する」ことは、顧客満足度を高め、顧客ロイヤルティの向上のために重要になっています。オンラインの世界では、ユーザーの属性や行動について簡単に分析できますが、小売店でもRFIDを活用し店舗内の商品を可視化することで、実際の買い物客の動向を予測できるという大きな潜在能力を持っています。さらに、RFIDを使えば、バーチャルマネキンやスマートミラー付き試着室によって、より優れたカスタマー・エクスペリエンスを創出することも可能になります。