RFID - CSR at SMARTRAC

コーポレート ソーシャル レスポンシビリティ(CSR)

スマートラックの社会的責任

 

スマートラックは、「企業の社会的責任(CSR)とは、“企業が社会的・環境的懸念を自らの事業活動やステークホルダーとの交流に自発的に統合すること”である」という欧州委員会の定義に従います。

 
スマートラックの経営理事会は、CSRの戦略的重要性を認識し、その影響範囲内で、会社の状況に応じて、社会的・環境的な問題を統合します。スマートラックは、確固たる意図を持って、共有する価値をステークホルダーのために生み出し、起こりうる悪影響を軽減すべく努力します。

 

人権、労働、および雇用慣行

 

スマートラックは「機会均等雇用者」であり、性別、人種、配偶者の有無、年齢、障害、宗教、肌の色、出身国、兵役経験の有無、市民権または性的指向に基づいて応募者を差別しません。


世界的に人材を雇用し、世界的にサービスと商品提供する企業として、スマートラックは基本的人権を尊重し、すべての人々を公正かつ倫理的に、そして尊敬と尊厳をもって扱うことを約束します。さらに、そのグローバルな事業、施設、または取引における児童労働、強制労働、または人身売買の慣習を容認、支持、あるいは許容しません。


スマートラックは、その役割や地位にかかわらず、一人一人の従業員を正当に評価します。従業員間の文化的多様性を尊重し奨励しています。スマートラックのグローバルな労働力は、約20の国籍で構成されています。 ジェンダーの観点から見ると、男女の雇用数はほぼ同数です。

 

スマートラックにとって主な優先事項は、高い水準の技術的専門知識を維持し、高品質の製造プロセスを保証し、職場での安全を確保することです。このため、スマートラックはマネジメントトレーニングに重点を置き、そのグローバルな全従業員のために特定の技術、品質、セキュリティ、および語学トレーニングの体系を整えた、明確な人材開発プログラムを実施しています。

 

スマートラックは、社内および社外のステークホルダーと共に、人権、労働基準、環境、腐敗防止に関する国連グローバル・コンパクト10の原則を積極的に推進し、尊重することを約束します。

 

環境

 

スマートラックは、生態系へ与える影響を最小限にとどめた合理的な製造を保証する生産コンセプトを規定することを約束します。そのために、米国・フレッチャー、中国・広州、マレーシア・クリム、ドイツ・ライヒスホーフ-ヴェーンラートにある同社の施設がISO 14001(ISO 14000ファミリーは、環境への影響を特定し、管理しようとしている企業や組織に実用的なツールを提供する国際規格です)認証を取得しています。スマートラックは、率先してより大きな環境責任を果たすために、環境に優しい技術の開発と普及を奨励しています。

 
2003年1月27日に、欧州議会と欧州理事会は、電気・電子機器などの特定有害物質の使用制限に関する指令(「RoHS」)2002/95 / ECを採択しました。問題の特定物質は、鉛(Pb)、水銀(Hg)、カドミウム(Cd)、六価クロム(Cr 6+)、ポリ臭化ビフェニル(PBB)、およびポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)です。 スマートラックはRoHS指令に準拠した製品を提供しています

 

スマートラックの製品は「ハロゲンフリー」で、均質物質中の塩素含有量が900ppm未満、均質物質中の臭素含有量が900ppm未満、および均質素材中の塩素と臭素の合計量が1500ppm未満というIEC 61249-2-21仕様に準拠した要件を満たしています。さらに、スマートラックの製品は1000ppm未満の三酸化アンチモンを含んでいます。

スマートラックの製品はまた、該当するConformité Européenne / European Conformity(CE)の基本的な健康および安全要件にも準拠しています。

2010年7月、米国議会は、企業に対し、製品の製造における紛争鉱物の使用に関する報告を求める法律を可決しました。この文脈における紛争鉱物とは、コンゴ民主共和国または隣接国の武装勢力によって支配されている鉱山に由来する特定の鉱物を指します。問題となる特定の金属とは、コルタン(コロンバイトタンタライト)およびその誘導体(タンタル)、カシテライトおよびその誘導体(錫)、ウルフラマイトおよびその誘導体(タングステン)、および金です。スマートラックは、この法律を遵守することを約束し、すべてのスマートラック製品を「紛争とは無関係な」ものであると指定できるようにするために、今後の規制を遵守することを計画しています。スマートラックの購買方針およびサプライヤーの選択に基づけば、スマートラック製品の製造に紛争鉱物が使用される可能性は非常に低いと考えられます。それでも、スマートラックは自らの供給者基盤の広範なデューデリジェンスプログラムを定義し、開始しました。これらの措置に加えて、スマートラックは紛争鉱物に関する規制を完全に遵守するために適切な行動をとり、社会的責任のあるサプライチェーンの共通の目標を達成するために顧客による努力を支援します。


スマートラックとそのグローバルな生産拠点は、そのエコロジカル・フットプリントを最適化するという血統を持っています。スマートラックは、環境保護がすべての個人およびすべての企業のタスクであることを確信し、エネルギー効率と廃棄物の削減に力を入れています。そのため、スマートラックは、サプライヤーとサービスプロバイダを選択する際に環境への適合性を考慮に入れています。

 

サプライヤーの行動規範

 

上記に関して、スマートラックのサプライヤーは私たちと少なくとも同じ方法で従うことを期待します。これを確実にするために、私たちはダウンロード可能なサプライヤー行動規範を作成しました。それは、サプライヤーがまだ自分たちで同様の規則を整えていない場合の自らの責任や指針となるでしょう。